リポドリンとロキソニンは併用できるの?

リポドリンとロキソニンは一緒に飲める?

結論から言ってしまえば、リポドリンとロキソニンを併用しても問題はあまりありません。どうして問題が少ないのか、リポドリンとロキソニンがどんなものなのかを並行して説明していきます。

 

リポドリンとロキソニンはどうして併用できるの?

リポドリンとロキソニンに限った問題ではないのですが、併用するのであれば必ず相性をチェックしなければなりません。確認してみたところ、リポドリンとロキソニンの相性はよいわけですが、では何故よいのでしょうか? その理由をここから説明していきたいと思います。

 

まず、「飲み合わせが悪い」というのは両者の効果が重なってしまっているというパターんがほとんどです。

 

わかりやすい例としては2種類の睡眠薬の同時使用でしょう。違う種類の睡眠薬だし、今日は眠れないからどっちもいつも飲んでる量だけ飲んでしまおう、これは正しいことでしょうか?実質的には2倍飲んでしまったのと変わりませんし、副作用も大きくなってしまいます。

 

話を戻して、リポドリンとロキソニンの場合はどうでしょうか? 同じように考えれば、リポドリンとロキソニンの効果が似ていれば相性は悪い、違っていれば相性はよい、ということになります。

 

ですから、それを確かめるためにリポドリンとロキソニンはどのような薬なのかを検討していきましょう。

 

リポドリンの効果・仕組み


そもそもリポドリンは単独のものではなく、様々な成分が含有されたものです。

 

リポドリンにはどんなものが入っているのかを簡単に紹介しましょう。

 

リポドリンの主な成分

エフェドリン
カフェイン
緑茶エキス
フーディアエキス(サボテン)など

 

この中で注意しなければいけない成分はエフェドリンです。

 

リポドリンとロキソニンの相性はイコール、エフェドリンとロキソニンの相性と考えてしまってもいいでしょう。

 

エフェドリンは交感神経興奮剤です。気管支拡張や血圧上昇効果があります。

 

アドレナリンの代わりに使われたりすることで、アドレナリン受容体を刺激します。その結果興奮や発汗、気管支拡張や、末梢血管の縮小で血圧の上昇効果があります。

 

 

 

つまり、リポドリンはアドレナリンの代わりに興奮発汗などの効果を発揮します。

 

ロキソニンの効果・仕組み

 

ロキソニンは非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)です。

 

怪我をした場所で、痛みや炎症の原因となる「プロスタグランジン」が作られます。これにより脳は怪我をした場所を痛いと感じます。ロキソニンはこのプロスタグランジンの分泌を抑えることで痛みを軽減します。

 

 


リポドリンはアドレナリンの代わりをすることで興奮発汗、気管支拡張などを促す。ロキソニンは痛みの原因物質を減らして鎮痛効果を得る。どちらも似ていない別の効果があるということがわかります。

 

リポドリンとロキソニンは両者の効き目に干渉しない

いままでの説明で、リポドリンとロキソニンの効果は似ていないという点がわかりました。現時点では相性が悪くなる理由はありません。

 

しかし、このように一見別の効果の薬だったとしても、お互いの効果が変わってしまうこともあり得るのです。

 

AとBを併用でAの効果が高くなる
AとBを併用でAの効果が低くなる

 

このように、それぞれの無関係のようでいて、実はどちらかの効果を高くしたり低くしたりすることがあります。しかし、リポドリンとロキソニンは該当しません。実際に使っている方からもこういった報告はありません。

 

リポドリンとロキソニンの併用にリスクはないの?

いままでリポドリンとロキソニンの飲み合わせは大きな問題がないことがわかりました。しかし、注意点がまったくないわけではないのです。

 

ロキソニンは長期間使い続けることで胃に負担がかかってしまい、胃炎などを起こすことがあります。

 

そして、リポドリンには吐き気の副作用があります。とはいえ大きなものではないので、単独使用であれば無視していいでしょう。

 

しかし、ロキソニンの副作用で胃にダメージがあるところで、リポドリンの吐き気が来てしまえば更に状態はわるくなってしまいます。

 

こんなことになってしまう前に事前に対策法を用意しておきましょう。

 

対策法

リポドリンで吐き気の副作用が出てしまったら、ロキソニンを他の鎮痛剤に変えるのがいいでしょう。

 

リポドリンもロキソニンも効果の高い薬なので、どちらを選ぶかも難しいでしょう。しかし、鎮痛剤は比較的選択肢の幅が広いですし、同じNSAIDsにセレコックスという胃への負担が少ないものがありますので、こちらを使うといいでしょう。

 

リポドリンとロキソニンを併用しても大丈夫か医師に質問


リポドリンとロキソニンの飲み合わせは比較的よいことがわかりました。とはいえ、「やっぱり何かあるかもしれないし不安だ」と思われる方もいるかもしれません。

 

そこまで気になるのであれば、いっそ医師に相談してしまってもいいかもしれません。医師からはっきりと問題ないと言ってもらえれば不安はなくなるでしょう。

 

もしも聞くのであれば「リポドリンとロキソニンを一緒に飲んでも大丈夫ですか?」と直接名前を出して聞いた方が疑問の余地が残らなくてよいでしょう。

 

リポドリンはどういう薬?


リポドリンは食欲抑制効果を持ったダイエットサプリです。

 

リポドリンは有効成分エフェドリンを多く含み、食欲を押さえてくれます。また。基礎代謝を上げて汗を促進する効き目も持っています。

 

ダイエットの成功では汗をかいてカロリーを消費する以外にも、食欲を抑えることはとても大事なことです。

 

どうしても食欲が抑えられないのであれば効果的なサプリです。しかし、頭痛や胃痛などの副作用もあります。注意事項は厳守するようにしましょう。

 
http://www.witloof.net/ http://www.a2dems.net/ http://basquetazulyoro.com/ http://migrationforum.net/